So-net無料ブログ作成
検索選択
自己満足なキャンプと料理、つぶやき、京都の名所等をご紹介。

PC表示にされて、左端の「マイカテゴリー」からご覧になりたいものを選択してください。

【お詫び】一部の記事で画像が表示されなくなりました。

【京都ミニ行脚】神護寺と西明寺 [【京都】神護寺 ・ 西明寺]

IMG_8230.JPG

10月30日(日)

本日は、昨日と違い青空が広がる天候。
本日も参りましょう!。

では、昨日に引き続き、高尾の山奥へ
車を向かわせます。



IMG_8155.JPG

本日は、高山寺(こうざんじ)に続きまして、
「神護寺」と「西明寺」をご案内いたします。

先日、高山寺を参拝した時に利用した駐車場
からでもここへは歩いて来ることができます
が、高尾観光ホテル手前の駐車場を利用する
ことができます。

この駐車場を利用すると、神護寺について
係員の方が説明してくださいます。

IMG_8227.JPG

駐車場からしばらく歩くと現れる「高尾橋」

IMG_8226.JPG
この橋を渡ると「神護寺」へと続く長い
石段が姿を現します。

IMG_8225.JPG
何段ぐらいあるのでしょうか?。
数えなかったのですが、ボチボチと
参りましょう。

途中には「高尾茶屋」や「硯石亭」
と言った休憩所もあります。

IMG_8224.JPG
ちょっと早いかな?。
モミジも色づき始めていました。

IMG_8222.JPG
「ふ~!」と何度も言いながら登ってきました。
前を行く嫁様。無理は禁物です。ボチボチと。

普段、平坦地を歩くのはなんともないのですが、
坂道や階段で負担をかけると、やはりきついもの
がありますが、これもトレーニングです。

IMG_8221.JPG
ようやく到着しました。
石段は350段あるそうです。

IMG_8219.JPG

紅葉の名所として知られる神護寺。
もみじの数は約3000本と言われています。

平安遷都の推進者であります和気清麻呂
(わけのきよまろ)が国家安泰を祈願して建立
した「神願寺」と、同じく清麻呂がこの地に
建てた「高雄山寺」を空海が天長元(824)年
に合併させて「神護国祚真言寺(じんごこく
そしんごんじ)」と改めます。
その後荒廃しましたが、平安時代末期には
文覚上人が後白河法皇や源頼朝の助力を得て
「薬師如来」を本尊して復興させた寺院です。

 IMG_8218.JPG

IMG_8217.JPG

ここ神護寺は空海(弘法大使)上人が高野山14年間
お入りになったところでもあり、最澄上人もお入りに
なられた場所でもある由緒ある山岳寺院です。



IMG_8216.JPG

IMG_8215.JPG



IMG_8213.JPG

大師堂
弘法大使が生活されていた場所


IMG_8211.JPG

石段の上になるのが「金堂」です。
ここを参拝する前に。。。

IMG_8210.JPG

「かわらけ投げ」で厄払をします。

これは駐車場の係員の方の案内で教えて
いただきました。

「金堂にお参りする前に、かわらけで厄除
をなさってからお参りください。中には
かわらけ投げで、お願い事をして投げられ
る方がいらっしゃいますが、厄除ですから
お願いごとはしないでくださいね。(笑)」


IMG_8209.JPG
綺麗ですね。もっと紅くなることでしょう。

IMG_8207.JPG
IMG_8205.JPG

では、参りましょう!。
厄除で身を清めます。

IMG_8204.JPG




 IMG_8203.JPG

これが、難しい。
なかなか、まっすぐに飛びません。

売店の方のアドバイスでは

「下方に手首の返しを入れて投げてください。
上昇気流が発生していますから、その気流に
うまく乗せてくださいね」

できましぇ~ん。。。でした。。。

IMG_8201.JPG




 IMG_8199.JPG

案内板のとおりいきますと
金堂に到着しました。

IMG_8196.JPG


IMG_8197.JPG
ここでいただきました御朱印です。

IMG_8195.JPG

参拝時間、一時間弱。
では、次ぎへと参ります。

IMG_8194.JPG

IMG_8193.JPG
IMG_8192.JPG
登って来たときは気付かなかった
のですが、硯石がありました。
確かに上部は硯の様な凹みがあります。
ここで墨を刷られたのでしょう。
IMG_8191.JPG
硯石の前には「硯石亭」の休憩所。

ここにありました苔玉。
IMG_8190.JPG

お安いですよね!。
お一つ、記念にと嫁様にプレゼント。
IMG_8189.JPG
再び「高尾橋」です。
来た道を引き返す様になりますが
IMG_8188.JPG
次ぎに目指しますのは、3つ並んでいます
寺院、真ん中にある寺院、「西明寺」です。
今、お参りさせていただきました神護寺が
左、真ん中が西明寺、右が昨日、参拝させ
ていただきました「高山寺」です。
IMG_8187.JPG
来た道を戻る様に歩きます。
「指月橋」が見えてきました。
IMG_8322.JPG

指月橋を渡ると「西明寺」の受付です。
IMG_8185.JPG
西明寺に続く参道
IMG_8186.JPG
少しばかりの石段
IMG_8184.JPG
西明寺に到着です。
IMG_8183.JPG
詳細はこちらをごらんください。
IMG_8182.JPG
IMG_8181.JPG
IMG_8180.JPG
紅葉すれば。。。
IMG_8179.JPG
ここで、お抹茶もいただける様です(有料)
IMG_8176.JPG
IMG_8175.JPG
IMG_8173.JPG
IMG_8319.JPG
IMG_8170.JPG
IMG_8172.JPG
IMG_8166.JPG
IMG_8318.JPG
IMG_8168.JPG 
IMG_8164.JPG
御朱印は本堂でいただきます。
IMG_8300.JPG
  御 朱 印

IMG_8161.JPG
この鐘は撞くことができます。
(一撞100円)
IMG_8160.JPG
樹齢700年
IMG_8159.JPG 
IMG_8157.JPG
西明寺を後にします。
IMG_8156.JPG
再び、指月橋
西明寺を後にします。
無題.jpg
神護寺の夜間特別拝観も始まっています。

もう少しすれば、紅葉も見頃になります。
防寒対策をして足を運ばれてみては如何
でしょうか?。

 
さてさて、お昼を過ぎています。
お腹の虫も鳴き始めました。
ランチタイムと参りましょう!。
お約束いたしました
「瓦そば」
ここでご紹介したいところではありますが、
カテゴリ。。。【京都で食す】に入れたい
というのが本音でしてね。。。
すみません。次回に。。。
「どこまで引き延ばすねん!」

と、お怒りのお言葉をいただきそうです。
ですので、写真だけ。。。
IMG_8143.JPG
 次回にご紹介させていただきます。
ご理解くださいませ。 m(_ _)m
 今回もお付き合いいただきまして
ありがとうございました。

 

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 2

hatumi30331

紅葉してきたね。
オフ会の27日あたりは・・・・
もう終わってるかな?^^;

京都は見所満載やね!^^
by hatumi30331 (2016-11-03 07:10) 

Kansai-gin

★hatumiさん
どうですかね。
街中はまだ大丈夫かもしれませんね。
27日は京都でオフ会ですか?。
楽しく、素晴らしい時間をお過ごし
くださいませ。(^ω^)
by Kansai-gin (2016-11-03 09:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
[わーい(嬉しい顔)]ご閲覧いただきましてありがとうございます。ご覧いただいた後に、一言だけで結構ですのでコメントをいただくと幸いでございます。                                  ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
[わーい(嬉しい顔)]宜しければ、お願いします。 お気に召されましたら 登録願います。