So-net無料ブログ作成
検索選択
自己満足なキャンプと料理、つぶやき、京都の名所等をご紹介。

PC表示にされて、左端の「マイカテゴリー」からご覧になりたいものを選択してください。

【お詫び】一部の記事で画像が表示されなくなりました。

年に一度の。。。。 [父さん料理・食器]

IMG_0445.JPG

ここ数年は、年に一度のみとなりました。

「何が?」って。。。

この材料で作る物と言えば?。

はい、続きをご覧くださいませ。

IMG_0443.JPG

3連休の前日のことです。。。 

なんだこれ?

これは、羊腸、羊の腸の塩漬けです。

IMG_0441.JPG

これを水につけて塩抜きします。

何か不気味な物に見えますね。

これだけで、何を作るのかがお判り

いただけるかと。

IMG_0438.JPG

豚ミンチ100%に、スパイス類、塩、ニンニク
玉葱、生姜等を加え、粘りが出るまで練ります。

以前にもご紹介いたしましたが、スパイス類は
ソーセージ用のミックススパイスとして、ネット
でも販売されていますので探してみてください。

それじゃ、面白くないというお方は、オリジナル
でやるのもいいですよね。以前、何度もやった事
がありますが、ネットで買ったものを使用すると
楽ですし、経済的かもしれません。

緑色のものはハーブの一種、バジルでございます。
バジルは、悪ガキ兄弟も好きなハーブです。

白色の塊は「豚の背脂」です。
よく、ラーメンのスープに使われていますよね。

d.jpg

背脂が精肉店の店頭に並ぶ事は、ほとんど
ありませんから、店員さんに尋ねてみると
分けてくださる場合があります。
しかも、安価ですのでご安心を!。

IMG_0436.JPG

レシピにつきましては、ウェブ上に様々なもの
がございますので、お調べくださいませ。

これをケーシング(腸詰め)するピストルの
様な形をしたものに詰め込みます、ら

ウインナー作りは、肉の温度を上げてはダメ!

寒い季節が作りやすいです。

肉を練る時は、手の温度が肉に伝わらない様に

注意が必要です。

IMG_0437.JPG

先には羊腸がセットされています。
この羊腸の中に肉を入れ込んでいきます。

IMG_0432.JPG

ハンドルを握ると先端から肉が出てきます
ので、空気が入らないよう、適量を入れて
いきます。

この作業が意外と面倒で、量の調整が難しい
ところです。とにかく、詰めすぎ注意です。
後の行程で破裂してしましますからね。

IMG_0433.JPG

ケーシングマシーン、
ピストルみたいでしょ?。

ようやく半分ぐらい詰めました。
だりぃ~よぉ~。。。

IMG_0434.JPG

その隣に詰めたものが。。。

IMG_0435.JPG

説明がないと。。。

異様な物体にしか
 見えない。。。[ふらふら]

 体外に出すもの。。。
  名前は言うでないぞ!

  IMG_0431.JPG

続きは巻かずにこの状態で。

これまた。。。
異様なものに。。。[がく~(落胆した顔)]

IMG_0427.JPG

腸詰めしたものを半分の長さの所でねじります。
すると、左右、同じ長さの2本に別れますよね。

それを適当な長さ、つまり、自分が1本分の長さ
にしたいところで、左右ともねじります。

ねじった所を、写真の様に、左右合わせます。

IMG_0428.JPG

そして、左右どちらか1本を中に通して
きます。この中に通すのは左右、交互に
しましょう。

IMG_0429.JPG

これを繰り返していきます。

IMG_0430.JPG

すると、この様な何処かで見たことのある様な
形へと姿を変えます。

なが~い、切っていないウインナーソーセージ。

IMG_0423.JPG

馬鹿な様見えますが一工夫。
60℃の温度で約30分間、羊腸の表面が
カサカサになるまで乾燥させます。
こうすることによって、仕上がりの時に
「パッ!感覚」があるものになるそうです。

プロ等は専用マシーンを使うのですが、
私はファンヒーターを利用してみました。
笑っちゃいますよね。(汗)

IMG_0425.JPG

温度も60℃ぐらいをキープできました。
出来上がりは如何に?

IMG_0422.JPG

一度に大量をスモークしたい!。
ならば、ダンボールで。
これで十分だべ~!。
な~んも、お高い大きなスモーカーを
買わなくてもいいんだべ~!

IMG_0421.JPG

サクラで約30分間スモーク!

(火事には要注意ですぞ!。近くに水を準備!)

IMG_0418.JPG

スモークしたものですが、表面が乾いて
いるのをお判りいただけますか?。

先程の乾燥工程前は、ピカピカと光って
いて濡れている状態でしたから。

IMG_0415.JPG

これを、約70℃で25~30分間ボイルします。
沸騰させては絶対にダメです!。

確かに、乾燥をさせないものと比べると、
「パリッ!」とした感覚は増しますが、
まだまだ満足のいかないものです。。。

難しいなぁ~。。。奥深い!

こうして、無事に出来上がりました。

今や、この季節に、年に一度だけの
ウインナーソーセージ作り。

しかも、毎回、味や食感が変わる。。。
まだまだ研究中。。。

IMG_0476.JPG  IMG_0475.JPG

2006.5の写真、三重県のOKキャンプ場にて。

懐かしい写真です。もう10年以上も前。



年に一度といいつつも、羊腸がまだあるので
またやるかも。。。研究、研究。。。

お粗末様でした。。。


nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 22

コメント 4

hatumi30331

手作りウインナー、メッチャ美味しそうじゃないですか〜〜♪
ビールに合うやろうね〜^^
by hatumi30331 (2017-01-10 12:43) 

Kansai-gin

★hatumiさん
なかなか、上手くできません。
農業体験テーマパーク等でも、
手作り体験はやっていますが、
なかなか。。。
かなり奥深いですよ。。。
by Kansai-gin (2017-01-10 14:02) 

ようこくん

本当に器用ですね!
奥が深いからこそ楽しくて美味しいと思います。

by ようこくん (2017-01-18 22:13) 

Kansai-gin

★ようこくん
ありがとうございます。
器用なんですかね?。(^_^;)
あれも、これも、それも、と
やりたがりだけですよ。(^○^)
by Kansai-gin (2017-01-20 06:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
[わーい(嬉しい顔)]ご閲覧いただきましてありがとうございます。ご覧いただいた後に、一言だけで結構ですのでコメントをいただくと幸いでございます。                                  ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
[わーい(嬉しい顔)]宜しければ、お願いします。 お気に召されましたら 登録願います。