So-net無料ブログ作成
検索選択
自己満足なキャンプと料理、つぶやき、京都の名所等をご紹介。

PC表示にされて、左端の「マイカテゴリー」からご覧になりたいものを選択してください。

【お詫び】一部の記事で画像が表示されなくなりました。

京都鉄道博物館【1月】 [つぶやき・雑感等]

IMG_0631.JPG

皆様、ご無沙汰しております。

「いく・にげる・さる」とはよく言ったもので、
年が明けて、早くも2月中旬です。

ほんと、バタバタとして多忙と言いましょうか、
精神的にも疲れております。。。(-_-)

あれも、これも、それも、やらなければ。。。
なんかうんざりなんですがね。。。
3月末までは、このような日々が続く???


よ~し!。気を取り直して!

遅くなりましたが、1月23日、足を運んだ
京都鉄道博物館をご紹介
させていただきます。

どんな所なのか、雰囲気だけでもご理解を
賜れば幸いでございます。m(_ _)m

IMG_0534.JPG

JR京都駅。

ここから博物館までは徒歩でも行けます。
歩いて15~20分程度です。
勿論、バスもありますし、タクシーでも。

IMG_0542.JPG

京都鉄道博物館

休日は、かなりの人で賑やかになると
聞いていましたが、平日でも油断する
ことなく、開館と同時ぐらいに入場す
る作戦で訪ねました。

開館してまもない時刻。
全く並んでいませんね。。。

IMG_0544.JPG

外からは、左にSL、電車、新幹線0系が
見えます。

IMG_0545.JPG

入場券販売機で入場券を買い求め
ます。

IMG_0546.JPG

これが高いのか安いのか、人ぞれぞれ。
私は、安いと感じたのでありました。
その理由も含めて、ご案内いたします。

IMG_0548.JPG

入場ゲートから入ると、まずはSLが出迎えてくれます。

 IMG_0549.JPG

昔は、力強く、煙を吐きながら走っていた
のでしょうね。

IMG_0553.JPG

客車の中には入れません。
窓からの見学のみとなります。
そのため、窓ガラスの反射で
見苦しいところがありますが
ご容赦ください。

IMG_0551.JPG

まるで、銀河鉄道999。
鉄郎とメーテルいないかな?。

いるはずがありませ~ん!

IMG_0554.JPG

IMG_0569.JPG

現代のような高速移動ではない時代、
長距離移動のためには寝台車や食堂車
は必需品だったのでしょうね。

IMG_0571.JPG

後からも登場しますが、この客車の中で
お弁当をいただくことができます。

IMG_0573.JPG

まだお昼には早いのでスルーします。

そして、この博物館で
一番見たかったもの

IMG_0581.JPG

これなんです!。左側の列車。
ご存知ですよね?。

IMG_0584.JPG

既に引退していますが、大阪と北海道を結んだ
豪華寝台列車。なかなか採れない乗車券で、
この列車に乗ることを夢見た人は多いはず。

IMG_0586.JPG

私も、何度も走る姿を目にするも、窓から
車内さえ見たことありませんでした。

IMG_0591.JPG

IMG_0606.JPG

IMG_0592.JPG

IMG_0596.JPG

IMG_0597.JPG

IMG_0598.JPG

こんなところで、流れゆく景観とともに
豪華なディナーをいただきたかったですね。

IMG_0599.JPG

よくみえなかったのですが、客室。
ほんと、走るホテルですね。

IMG_0600.JPG

この最後尾には、スイートルームが。

北の大地には毎回船旅ですが、一度は
こんな列車の旅で贅沢したいものです。

IMG_0588.JPG

子供の頃に憧れたブルートレイン。
寝台列車。。。

IMG_0590.JPG

IMG_0602.JPG

IMG_0604.JPG

この日本海が走る姿は何度も見たことが
あります。憧れの列車でしたね。。。

IMG_0607.JPG

IMG_0608.JPG

いつかは、これに乗って北海道へ行きたい
という少年時代の夢。。。

IMG_0610.JPG

0系新幹線。

IMG_0615.JPG

ここは、運転席を見学できます。

IMG_0616.JPG

高速移動の歴史を思わせるメーターです。

IMG_0627.JPG

IMG_0628.JPG

私が新幹線に初めて乗ったのが中学生
時代の修学旅行でしたね。

京都駅~東京までだったかな?。
いや、少し手前だったかな?。
箱根も立ち寄ったから。。。

その時は、確か、この様なシート
だった様な記憶が。。。

あまりの速さに列車酔いしそうに
なった記憶がありますね。。。

IMG_0630.JPG

屋外から室内に入ります。

IMG_0631.JPG

本物の列車を間近で見ることができます。

IMG_0634.JPG

そんな中でも、目を引いた列車。

IMG_0644.JPG

大阪~京都~北陸を結んだ特急列車。

 雷 鳥

 IMG_0635.JPG

この列車も少年時代に憧れた列車。
四角い列車ではなく、鼻の様な尖った
先頭車。知らない街まで早い速度で
走っていく列車。。。

「特急」というものに高速移動への
憧れを抱いたものでした。

実際にこの列車に乗ったのが高校生
ぐらいだったかな?。転校していった
友人と大阪で会うために、これに乗って
行きましたね。どうしても乗りたくて、
乗車券よりも特急券のほうが高かったと
いうことも覚えていますね。。。

IMG_0661.JPG

IMG_0660.JPG

また、これも懐かしい!!

私が子供の頃、まだありましたね。
三輪バイクのような車でした。

そして、この駅。。。

IMG_0662.JPG

ちょっと待って!
もっと懐かしい景観が。。。

IMG_0663.JPG

ありましたよね~!!

ブリキなのでしょうか、金属板の看板。
「たばこ」や「カレー」や「学生服」等
の看板が。。。

アイスクリームの冷凍庫も!

10円硬貨専用の公衆電話!。赤電話ね!

IMG_0664.JPG

まぁ~、と~~ぉ~~~い、
忘れかけていた昔の記憶が覚醒され
タイムスリップした気分。

IMG_0666.JPG

あまりの懐かしさ、表現しがたい
気持ちに。子供の頃の風景が見えてきます。
なぜなんだろう。。。今はすっかり変わって
しまった子供の頃の風景。同じ場所でも
二度と見ることはできません。。。

IMG_0668.JPG

まさしく、この説明の通りですよね。。。
メンコかぁ。。。よくやりましたね。。。
母親からもらった小遣い、100円硬貨を
握りしめて駄菓子屋に走ったものです。

IMG_0671.JPG

IMG_0672.JPG

この木製の囲いの中に駅員さんがいて、
金属製のペンチのようなもので切符を
挟んで穴を開けたり、印を付けたりして
改札をしていましたね。。。

IMG_0674.JPG

そうそう、ベンチも木製でしよね。
本当に、懐かしい光景です。。。

今では、高速移動の時代となり、この様な
寝台列車や食堂車はなくなり、座席も豪華
なものになりつつあります。

IMG_0705.JPG

実際に坐ったことはない座席。
でも、なぜか懐かしいものです。




時代は移り変わり。。。

IMG_0678.JPG

IMG_0677.JPG

凄いシートですよね。。。

IMG_0676.JPG

面白いものを発見しました!。
これ、トイレの男女別を表しています。

鉄道博物館ならではの標示ですよね。

IMG_0689.JPG

そして、この様な鉄道パノラマ模型。

IMG_0691.JPG

IMG_0694.JPG

何処かでみたような。。。
梅小路蒸気機関の。。。。

IMG_0695.JPG

ほんと、リアルな模型ですね。

この様な企画展を
 されていました。

IMG_0707.JPG

THE SLEEPER TRAIN
  ~寝台列車の軌跡~

IMG_0711.JPG

IMG_0710.JPG

IMG_0709.JPG

IMG_0708.JPG

寝台列車、一度だけ乗ったことがあります。

それは、高校生の修学旅行でした。
九州への修学旅行の帰り、西鹿児島、今は
鹿児島中央とか言われているのでしょうか、
そこから新大阪まで乗車した記憶があります。

確か、「なは」とか言ったような。。。

4dcadc325ca675176e4dd05b7eaf7169.jpg

こんなブルートレインではなく

img_0.jpg

こんなのだった記憶が!。
間違いなく、これでしたね。

最初で最後の寝台列車。

IMG_0755.JPG

一昔前、テレビでもCMされていましたね。
JRシュプール号。スキー場へ一直線!

 

さてさて、ここでお楽しみが。

IMG_0742.JPG

抽選なんですが、電車の運転シュミレータ体験
ができちゃうのですね。

 IMG_0744.JPG

運転士気分が味わえるコーナーです。

IMG_0712.JPG

抽選券発券所で抽選番号をもらいます。
これは、1日1回のみ!。
抽選番号の発行には、入場券が必要となり、
抽選番号を発行してもらうと、入場券の裏側
にスタンプを押されます。

IMG_0735.JPG

お判りいただけましたでしょうか?

IMG_0736.JPG

さぁ、抽選結果発表です!

IMG_0741.JPG

結果は、残念!

またの機会に期待いたしましょう。

IMG_0766.JPG

展示コーナーには、列車のモーター部を
下側から見られるコーナーや、踏切等の
しくみがわかるコーナー等があります。

一通り見学し、旧二条城駅のコーナーへと。
ここは、昔からある梅小路蒸気機関車公園
です。ずらりとSLが並んでいます。

IMG_0761.JPG

IMG_0732.JPG

IMG_0733.JPG

今も走っていますよ。煙を吐いて力強く
汽笛を鳴らしながら。。。
体験登場ができます。(有料)

ここに来てよかったですよ。
忘れかけていた懐かしいものを思い出させて
くれました。。。

おわります。。。


nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 4

ゆきち

これは楽しいですね(*^▽^*)
子供のころの思い出が蘇ります!
初めて新幹線に乗った時の感動、シュプール号で行くスキーも楽しかった♪
by ゆきち (2017-02-12 22:10) 

Kansai-gin

★ゆきちさん
はい、まるで『思い出の宝箱』の封印
を解かれた様な気持ちになりました。
大人でも楽しめるところです。
by Kansai-gin (2017-02-13 02:34) 

tsune

梅小路蒸気機関車館の拡張に伴い、
大阪の弁天町にあった交通科学博物館が閉鎖されて、
ちょっと寂しかったのが記憶にありましたが、
もうあれから3年になるんですね〜。

そして京都鉄道博物館も2016年4月に開館していたのですね。
わが家のジュニアも「電車!電車!」って年齢でもなくなってきたので、
まだ訪れていませんでした。

しかし京都鉄道博物館になって、かなりスケールアップしていますね。
ちょっと行ってみたくなりました!(*^^*)
by tsune (2017-02-13 16:29) 

Kansai-gin

★tsune
是非、行ってください。
ほんと、鉄道の全てがわかりますよ。
大人も楽しめますから。(^ω^)
by Kansai-gin (2017-02-13 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
[わーい(嬉しい顔)]ご閲覧いただきましてありがとうございます。ご覧いただいた後に、一言だけで結構ですのでコメントをいただくと幸いでございます。                                  ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
[わーい(嬉しい顔)]宜しければ、お願いします。 お気に召されましたら 登録願います。